読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな戸建日記

今年の春、都内に建てた小さな戸建で新生活スタートさせました。現在、夫婦二人暮らし。共働き。 好きなものは音楽とインテリアとコーヒー。理想の暮らしを実現出来るよう、日々のこと綴ります。

ポストと表札

もう師走ですね。

2016年4月に家を建て新居に住み始めてからもう年末。

はやい!!

 

新居YEARの2016年が終わってしまうのはなんだか寂しいな…

 

エクステリア打ち合わせ

家打ち合わせで最後の方にしたのがエクステリアの打ち合わせでした。

ほんと最後の最後。

 

正直、インテリアや内装については事前に色々調べたり、夢中になって打ち合わせに参加してましたが、エクステリアについては全く無頓着でした。

 

んで、最後の最後で

「外装についてはこんな感じでいいですか?」

と、住友不動産に見せていただいたデザイン提案に

 

「(良くわからないから) いいと思います」

と答えた私。

 

その時提案されていたポスト(機能門柱)はリクシルのものでした。

→いわゆる普通の一般的によく見るようなデザインですね。

 

サンワカンパニーのショールームにビビる

そんなある日

「素敵なショールーム発見したから一緒にいかへん?」

と誘われ、どこのショールームに行くかは内緒のまま青山に連れていかれました。

 

んで、結構歩く・・・

と、遠い・・・とグチったら

「絶対喜ぶからちょっと我慢してや」

と期待値上げることいってくるから、頑張って歩きましたわ。

 

すると着いたのがサンワカンパニーのショールームでした。

 

「すごーーーーーー!!おしゃれ!!」

と中をみながらはしゃいだのを覚えています。

 

この時点で初めてサンワカンパニーの存在を知ったので、もっと早くしってたら洗面台やらトイレの手洗いやら導入したいデザインのものがたくさんそろっていました。

(しかし、もう内装打ち合わせはFIXしてしまっていたのでそれらは諦めるしかなかったのですが)

 

で、唯一最後に回されていたエクステリアの打ち合わせはまだFIXしていなかったので、何か導入できるものはないか見て回ったところ見つけました。

 

サンワカンパニーのオスポール

www.sanwacompany.co.jp

 

これおしゃれ!しかもリクシルよりやすいじゃん!

とオスポールに一目ぼれした我々。

 

早速住友不動産にポスト(機能門柱)変更の依頼をかけました。

 

で、こちらが我が家のポストです。

f:id:Kabocha04:20161204103516j:plain

 

スタイリッシュ!

かつコスト削減にも成功。

 

しかし表札問題発生

ただ、表札をどこにつけるか問題発生。

 

リクシルの機能門柱だったら、機能門柱自体に表札をつけることが出来るので、とくに問題はなかったのですが、オスポールってどこに表札つけるの?

 

って散々考えたけど、

いやつけられないじゃんね。

 

無理すれば小さくつけることもできるけど、せっかくのシンプルデザインなので、あまり付加をつけたくない気持ちもあり、別のところに表札をつけることにしました。

 

で、他につけられるところといったらドアしかなく。

 見つけたのがこちら。

f:id:Kabocha04:20161204110512j:plain

 

これだったらオスポールの色と雰囲気ともマッチするし、いいのではないかと。

表札は表札.netさんのECRIT-1文字を採用しました。

ECRIT-1文字 エクリ|表札.net

 

 来ていただいたお友達に

「お店みたい」と言われました。

 

ありがとうございます。

 

うちの苗字がアルファベットにすると、若干 STARBUCKS のスペルとかぶるもんで、

 

スタバっぽいでしょ?

と聞くと『いや、それは分からない』とのこと。

 

スタバっぽい外装憧れてたんだけどな。

それは外してしまった模様です。