読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな戸建日記

今年の春、都内に建てた小さな戸建で新生活スタートさせました。現在、夫婦二人暮らし。共働き。 好きなものは音楽とインテリアとコーヒー。理想の暮らしを実現出来るよう、日々のこと綴ります。

狭いリビングを広く見せるための工夫

今年は、クリスマス三連休ですね。

 

もっと早くにクリスマスの飾り付けをしたかったものの、働いてるとなかなか時間が取れずクリスマスの準備を何にもしないまま今日になってしまいました…。

 

でもイブが明日に迫り、そして休暇の本日。

私もようやくクリスマステンションが上がってきたので、今晩あたりクリスマスの飾り付けしたいとおもいます。(何事も切羽詰らないと腰が上がらない人)

 

14畳のリビングを少しでも広くみせたい

私たちが購入した土地は80平米ちょい…なのですが、建ぺい率が悪く、40%×40%=80%しかありません。

 

結果、リビングでとれた広さは14畳でした。

 

私は元々都内の狭いマンション育ちなので、これでも充分!とさっぱり気にならなかったのですが、

 

大阪の広い実家で育ったぶち夫は、狭い狭いと駄々をこねまして。

 

でも彼のいいところは、なんとかしようと工夫するところ。

 

フローリングが続いてるように見えるウッドデッキ

で、色々考えた結果。

ウッドデッキを導入することに。

 

これが正解でした!

カーテンをあけた瞬間

 

「広く見えるーー!」

と二人で大興奮。

 

f:id:Kabocha04:20161223123211j:image

 フローリングが繋がってるような錯覚で、リビングが外まであるようにみえるんです。

 

うちはリクシルYKKで検討し、YKKを選択しました。

 

YKKの方が天然木に近い感じがしたのと、溝が貫通していないため、ウッドデッキの下にゴミがたまりづらいという点でいいかなと。

 

ウッドデッキ悩んでる方。

これはオススメです!

 

窓があると開放感が違う

憧れてた階段があって、

木×アイアンのスケルトン階段。

でも金額がかなりかかるということで諦めました(悲)

 

そこで最小限の金額でスケルトンぽい工夫を住友不動産の担当さんに提案いただき、下四段だけスケルトンにしてもらいました。

f:id:Kabocha04:20161223124714j:image

 

で、せっかくなのでその横に窓を作りまして、これがまた開放感があって気持ちがいいです。

 

この窓があるとないとではリビングの開放感が全然違ったと思います。

 

ちらっとみえる植栽は黒竹です。

 

夜になるとライトアップさせるのですが、これまた素敵なのです★ 

 

では、クリスマスの買い物にいってきまーす!