読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな戸建日記

今年の春、都内に建てた小さな戸建で新生活スタートさせました。現在、夫婦二人暮らし。共働き。 好きなものは音楽とインテリアとコーヒー。理想の暮らしを実現出来るよう、日々のこと綴ります。

桜ブーケのその後

3月になりました。

 

退社する時間、外がうっすら明るくて、春が近づいてきたんだなーと。

冬の期間は会社出ると真っ暗で一日の終わりって気分だったけど、明るいとまだまだこれから!って気分で退社できます。

 

なんか、それだけで退社するときのワクワク感が違って感じます。

同じ時間に退社してるのに不思議です。

 

さて、桜が咲きました

まだつぼみのままだった桜の小枝ブーケ、見事桜を咲かせてくれました。

f:id:Kabocha04:20170307223839j:image 

外はまだ寒い冬の2月に、家の中ではお先に春がきたようで。

朝起きた時にみる桜は気持ちを明るくしてくれて、夜帰ってからみる桜(夜桜!)は、穏やかな気持ちにさせてくれました。

 

日本人は桜が好きすぎる、と前にTVで言ってた気がするんだけど、それ、めっちゃわかると思って。

 

なんだろ。季節になるとなんか異様に桜みたいって気持ちになりますよね。

ここまでの気持ちにさせるお花って他には無い、唯一の花な気がする。

 

奇跡の1枚

花瓶の水と朝日の光がうまいこと重なって、きらきら輝く奇跡の瞬間が!

f:id:Kabocha04:20170307223905j:image

 

うわー!と思ってあわてて撮ったからTVつけっぱですみません><

またみれるかなと思ったんだけど、その後この瞬間を目撃することはありませんでした。。よってほんとに奇跡の1枚。

 

桜ブーケ、桜を咲かすだけでは終わらない

桜が魅力的な理由の一つは、ある意味、あっという間に花が散る、ということなのかなとも思ってて。

 

あっという間に散ってしまうその "儚さ" とか ”切なさ“ とか、に心奪われるのは、奥ゆかしさのある日本人の特性でもあると思うけど、一瞬で終わってしまうからこそ、今年も桜をみよう、って桜に執着したくなるのかなって感じます。

 

私は4月生まれで、私が生まれたとき桜がきれいに咲いてたみたいで、桜の季節にうまれたから「さくらこ」と名付けようと母が考えててくれてたようなんだけど、おばあちゃんから「桜はあっという間に散るからよくない」と却下されたらしいです。

 

その話をきいたときはふーんくらいだったけど、

今は綺麗に花を咲かせてあっという間に散っていく、それは桜独特の美しさであって、あっという間に散ることは欠点ではなく、むしろ魅力なんじゃないかなって感じます。

 

桜ブーケ、花を咲かせた後は葉桜になりました。

 f:id:Kabocha04:20170307224507j:image

小枝なのにこの生命力すごい!

以上、桜ブーケ3変化でした。